sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたADHD的なひと。

”毎日更新しろ”・入力と出力の対比

 

 最近、イケハヤさんを継続的に追ったりしている。主張は、「会社なんかやめてしまえ」「blog記事を毎日10本ぐらい更新し続けなさい。1年以上」というもの。

 

 

 質の低いエントリとか載せるの嫌だな~とか最初は抵抗を感じていたものの、昔アメブロでblogを始めたときのような感覚を味わっている。ちょっとした充実感と、情報の整理、言語化、自分なりの解釈。

 普段興味が無くてスルーするようなとこも、なるべくコメント入れるようにしてる。「ワケ分からんからスルー」みたいな事続けてると生長しないし。

 

 

 彼の場合、「有名大学出たというバックボーン」がどれだけ関わってるんだろうなとか考える。軽い羨望も覚えるが、変なコミュニティに関わるとか嫌だなと思う。

 

 

 個人的には、「毎日出力しなさい」に集約されるんだと思う。

 出力先としてblogとかがあるに過ぎない。何処に出力したっていいし、オープンである必要は必ずしもない。

 要は、上手く取捨選択してやればいい。

  女子なら個人情報載せないとか。

 

 

 この人は、クオリティの高い(とみられる)記事をかなり高く売ったりして収益を得ているようだ。有料記事はもちろんクローズドなので、「信用できない」って人からすればかなり胡散臭く映るようだ。

 

 彼の「blog運営の教科書」は¥3000(正確には2980円)もする。ちょっと高いだろそれ。

 

note.mu

 

 ・・・手を出さないヤツはかなりいるけど、基本的に悩まないんだろうな。

 

 

 

 

入力と出力の対比

 自分には才能がない。絵を描く能力がない。羨ましい。

  

   ・・・・そんなのは関係ないのかも知れない。

 

  マンガを読んだらマンガを描く。

 文章を書いたら文章を書く。

 小説を書いたら小説を書く。

 

 

 

 模倣的な入力と出力の再帰的ループ。

  そこに、妙に劣等感や敷居の高さを持ち込むと失敗する。 もっとシンプルでいい。

そんな事を考える。勿論、上手く行かないこともあるだろう。

 

 

 

 オレは分析が好きなんだが、それは自分なりに世界というものを解釈したいからに過ぎない。むしろ、必要性に迫られてやってる。「スゲーだろ」なんてのはそっちが勝手に思ってくれればいい。

 

 「スゲー」なんてのは他に山ほどある。こっちの記事なんかわざわざ読まなくていい。最近、妙に拒否的な反応をされるので困る。

オレもしばしば否定的な反応をするのだが。

 

 

 ・・・話を戻そう。

 

 

 

 入力だけじゃなく出力をする・・・・つまり逆の経路、「自分」というフィルタを通した世界の解釈と表現。最初は稚拙だ、もちろん。

 だが、その「稚拙さ」さえも分析の対象に出来る。

 

 

 このblogではあまり具体論は書かない事にするが(いろいろと準備がめんどいし、今までのblogと併用したいから)、小説の構成なんかは割と真似出来たりすると思う。

 マクロなレベルでもいいが、自分はむしろ、一節に絞った文章を解析することを勧めたい。あ、もちろんプロのね。

 

 

 

 簡単なとこだと替え歌だろう。発音の長さや韻を考慮して、好きな文字をパズルのように嵌めていく。

 

 

 こういう事を続けていくと、ブレインストーミング的なひらめきに繋がっていく。

 新しい発想。そして技術レベルを高めていく努力。

 

 

 あとは、新しい発見やひらめきを絶えず生み出して、内面的な自己革新を発生させ続けること。あまり停滞しないこと。

 一か月もなんか停滞してるような感じだったら、危機感を覚えた方がいいかも知れない。

 

                            そんなことを考える。

 

自己紹介って難しいと思う。



 自分の半生なんて殆ど依存症と、無駄の多い支出と寡黙な学校生活で成り立っているので。
正直言ってそこは書く気しない。同情なんか求めてないが。

 そこでお定まりの大学中退
 専門も中退
 2度目の専門学校で資格を取るが、何の役にも立っていない。 


 
オレに掛かった費用に、オレの成長は全く・・・ほとんど寄与していないという事実。
 

 別に自分だけという訳でもないらしいが。

 

 自分は広汎性発達障害と診断され、2級の手帳を渡された。

2級の手帳は、東武動物公園に入るときに半額になる程度の恩恵がある。

あとは市からの¥5000ほどの補助金。職場での助成金(財源の足しにするらしい)。

 

 

 職場ではオープンで働いている。記憶力や集中力の方面で、多少の理解は得られているようだ。彼らもアホじゃないから。

 基本的に傲慢な人に出会うと、もうダメだね。向こうも忍耐ないから、3回目辺りでキレだす。

 

 

 

 今の職場は2年目で、そろそろ3年目に突入しようとしている。

「もう長くやっているでしょう」ってよく言われて、2年目だと答えると何故だか驚かれる。自慢する訳じゃないが、多少の貢献度はあるからな。

 

 

 

 社畜だの、会社辞めろだのと言ってる人たちがいる。彼らは楽しそうだ。

 彼らから学ぶこともあると思うが、安易に今の義理とか捨てるもんじゃないと思う。

  ちなみに月収は11万で、保険等も入れると13万。

 

 

 変によっかかる訳でもなく、不当に扱われでもしたら辞めるだろう。もう十分ここでは学んだ気もする。というかしてた。ジャンルや場所に関係なく、その「場」でしか学べない事がある。貪欲に吸収し続けるという姿勢の有無。

 転職歴の多いヤツは、対応力に乏しいって事を「上」も知ってる。そういう風にみられる。

 

 

 オレの対応力は中途半端かなーなんて。

 接客とかは何となく出来てる。特に、相手の意図を正確に聞き出す事にはある程度習熟している。半面、お客の不満とかは何かこっちも嫌な顔しちゃうんで、少し反省の余地があると思う。 どうも感情が入る。それではプロ ー職業意識ー とは言えない。

 

  ファブルでいうとこの「プロとして対応するー」ってヤツ。

 

 

 あと、人の顔を5秒程度で忘れる。実際、後で呼ぶときなんか困る。

 服装が変わるともう識別できなくなる。

 

 

 

 重度のマンガ好き。よくレンタルしてる。

 ゲームは好きだけど、難易度高いと相当に苦労する。クリア率は2本に一本程度。

 最近はあんまり楽しくないのでやってない。 徹夜とかすると辛いし。

 

 海外ドラマの「SuperNatural」が好き。

 

 メインマシンはOptiplex 780SFFの中身を引っぺがして、電源を換装したヤツ。

 ググると下手クソで画像が重い自作記事がヒットする。

 次はCPUファンを取り換えようと思ってる。

 

 

 

 

 東方ファンの一人で(そこら中に居るが)、ゲームのプレイ経験もある。なんとかEasyをクリア出来る程度の腕前。Extraとか無理。

 

 フリゲなんかは結構プレイ経験がある。

 「階段」という弩マイナーノベルとか。他にもいろいろやったけど忘れた。思い出したら書くと思う。

 

 

 

 筆写して絵を描く基礎を身に着けようとしている。

 萌え絵とか実はそれほど好きじゃなかったりする。人並み。

 

 小手先の画力よりも、人生観や生き様を表現したような絵が好き。

 

 

 C#を弄ったりもするが、まだまだアルゴリズムを勉強しないといけない段階。

 ググッて、内部のアルゴリズムを理解せずにTips的にパッチを当ててくみたいな対処の限界を思い知っている。

 

 

 

 Twitterを観てるが、そこらのヤツの余裕ぶっこいた空気に同調出来ずに浮きまくってる。最近、フォロワーを100ぐらい減らした。

 下手くそな画や音楽を出す人とつるんだりするが、なんというかそれも飽きた。自分が成長したい。

 

 

 最近は無料のアベマTVを観る。深夜アニメチャンネルとか楽しい。

 「キルラキル」ってぶっ飛びギャグ系だな。無駄にエロい。魔法少女とか、「ヤマノススメ」みたいな10代女子とか、「ヤッターマン」とか。色んなとこをごちゃ混ぜにしたようなアニメ。

 

 

 

 年老いる前に海外に行ってみたい。

 ひつじに会いたい。

 

 

 彼女と一人付き合ったことがある。

 自分の今後の成長性について疑問を感じていたので、自分から振った。

 

 

 

 リアルだと専門学校時代の知人がいる。すげーアホ。

 とにかくこちらにお構いなしに「うんこした」「どっか行きたい」などというメールを送ってくるコミュ障。うんざりして何度も何度もブロック・着信拒否などしたことがある。

 たまに出不精な自分が外出する切っ掛けにしたりする。

 呼び名は「ダッメー」「アホ知人」「クソ川」「ダメ川」「北海道人」

 

 

悩んだり落ち込んだりしたときは、上記のような真性バカと話すと良い。犬や猫に悩みを打ち明けるようなもので、とても気楽だ。