自分のブログ名

sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたASD孤立型。

C#製の家計簿アプリ ”インスタント家計簿” の改良

 

 

 前回の記事

 

 

これら2つの記事を踏襲し、家計簿アプリに実装することに成功しました。

思ったより大変でした......

 

今回の主な実装

  1. 入力した支出をグラフに直接出力できるようにした
  2. listBoxの”-”付き項目(カテゴリ名として扱います)を矢印キー操作で選択不可にした                                   →基本的にマウスホイールでの操作が前提で、その部分は選択不可を実装出来ませんでした。マウスホイール動作を抑止する処理を入れてまして、技術的に困難でした。
  3. 項目名をロードする処理を一元化

 

 

ソースコード(実行ファイル同梱)

Versionは適当に1.1.1とでもしておきます。 

https://drive.google.com/file/d/1oCFLz2CGVqJDBbDoK_7AsnIluwXwmQQ0/view?usp=sharing

 

気が向いたらGitにあげるかも知れない。

 

 

主な操作方法は、各コントロール(入力ボックスなど)にツールチップを付けてあるので、そちらを見てください。マウスカーソルを数秒載せると表示されます。

 Redemeぐらいは付けようかな。

基本的に、右に”円”と書いてあるboxに数字を入れてEntereキーを押すだけです。

 

動画

 軽く編集したいとこなんですが、グラボが逝ったので短時間で編集するのが困難になりました。滅多に編集しないんだけどね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ylc8Q9b-lQQ

www.youtube.com

 自分が入力が遅いので、適当な数値を入れただけです。

同じ項目の金額は集計されるという特徴があります。

 

 

今後の実装

効果音とか付けるかも。

 

 

 

 

 このアプリは、10数枚溜まったレシートを効率良く入力するために開発しました。

ですが、内部的な仕様も多少変えられますし(要望を送ってください)、電気代の推移記録から摂取カロリーの数値まで、何でも記録できます(やろうと思えば)。

 

 余暇があればご自分で改造などしてみてください。

改変・再配布フリーです。

 コードは一部を除いて全て自作で、HTMLやCSVの入出力などはweb上のサイトのモノを使っています。