自分のブログ名

sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたASD孤立型。

グルタミンを飲んで身体の鈍痛が多少改善した

 

 恐らく20代後半あたりから、気だるさの他に手足の筋肉の鈍痛が発生して年々きつくなって来てたんだけど、グルタミンを飲むようになってから改善しました。階段上るのとか足に来て辛かった。

 

 

 

 

中身は無味無臭の白色の粉です。本当に何の味も風味もありません。サラサラの粉です。粉砂糖みたいな感じ。

 

 

 

 

 

 

これに、ビーレジェンドのプロテインと混ぜて飲んでます

 

belegend.jp

 

AmazonでもBeLegendは扱ってますが、公式サイトから買うべきだと思います。スプーンもちゃんと付いてくるんで。

 

 

 僕、ケチってバニラしか買ってなかったんですが、購入時にお試しセット〇種類みたいなのが出てるんで、気まぐれにそちらも注文してみました。

 

 こっちならAmazonでもいーかな。

 

 

 

普段からケチってるので、フレーバーをバニラに混ぜてみたんですが、これがかなり美味しい。フレーバーはちょっと割高なので抹茶辺りを買っておいて、普段飲むバニラに30gばかり混ぜておけば、あまりおいしくないプロテインも美味しく頂けます。

 

運動後だけじゃなくて、普段から毎日飲んでないと効果は実感できないですね。最近、食事代わりに飲んでる事も多いです。

 

 

 

溶かすときは豆乳を使ってます。これがまた美味い。

 

 

 

 

↓わざわざAmazonで買うまでもないフツーの豆乳

 

 

牛乳とか溶かすと下痢起こすんで使いません。スプーン一回を一日3回ぐらい飲んでます。不定期だけど。

 

体調が改善したのはグルタミンのお陰だろうと考えてます。かなり鈍痛に悩んでて買ったので。 グルタミンは筋肉の分解抑制にも効果があります。でも効果がない人には全く効かないと思われますし、即効性を期待できる種のモノでもないので、自分で判断してください。

 

 

グルタミンは一応理に適っているようです。

 

↓参考melos.media

  

グルタミンは体内でも合成され、そのほとんどが骨格筋に貯蔵されています。体内貯蔵量全体の60~70%を占め、筋肉の主要な構成成分となっています。

 

 カラダの中に大量にストックされるグルタミン。しかし、ハードなトレーニングや風邪、ケガなど、カラダにストレスがかかったときにはグルタミンの必要量が急増し、体内で合成するだけでは間に合わなくなります。