自分のブログ名

sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたASD孤立型。

インスタント家計簿 1.0.1 修正版

前回の記事

  

sheephuman.hatenablog.com

 

 

 ファイルオープンの処理が微妙だったので手直ししました。

 

 -変更点

 ・ファイルを開いたときのカレントディレクトリを修正。

 ・nullチェックを追加 

  -最後に開いたファイルパスにNull文字が入らないようにした

   ・ファイルが編集されていた場合の「保存ダイアログ」をキャンセルした場合の挙動の修正。

  ・うっかりListBoxの保存処理を入れ忘れていたので修正。

 

ソース

 インスタント家計簿1.0.1 Fix.zip - Google ドライブ

 

 

 余談

 プログラミングというものは基本的に

処理を追えているかどうか

整合性が取れているか

 が重視されます。別段、矛盾はないと考えていますがかなりいい加減な実装なので、保証は出来ません。

 

 

 個人的にはパズルゲーム、あるいはテトリスのようなものだと、今では考えています。必要であれば戻り値を返すようにしたり、あるクラスを継承したり、参照を渡したり.... 自分のは邪道なんでアレなんですが。

 

 つまり、一つの”書き方”を知っているだけで、プログラミングの選択肢というものは飛躍的に増えるのです。配列宣言だけでなく、List型やIEnurable型の実装方法を知るだけで、可読性、利便性、そしてパフォーマンスなどなど、様々な恩恵を得ることができます。

 

 プログラマーは基本的にめんどくさがりだと言われております。ある機能は、ある人がこうしたら便利だと思ったり、面倒な手間を連鎖的に処理させるために構築するものなのです。

 

 C#という言語だけでも、様々な書き方....言ってみれば様々な形のパズルが存在しています。意外な組み合わせの実装がなされていることも、珍しくありません。

 

 

 まずは書いてみる。 そして組んでみる。あるいはクラスを作ってみる。

 

こういった事が、プログラミングを行うという事であり、上達への近道なのです。