自分のブログ名

sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたASD孤立型。

XmindApiのインストールと使い方 ~Git上のオープンソース実行まで~

XmaindAPIについて概説する。

 

archive.codeplex.com

 

github.com

 

 

 

概要

XmindAPIです。

 

MindMapを使用したWebアプリを開発するのにXmindAPIを導入。 XmindAPIを使うのに、Gradleというものが必要。そのGradleを使うにはどーたらこーたら。

 

全くの初心者が自力で何とかしようとしてます。

Gradlew Installdistしてみる”の項が多分最短。

 

C#か何かのアプリケーション開発に使用するかもしれない(※1)。

 

※1 しないかも知れない

 

使用方法

 

とりあえず、GithubからHDD上のローカルストレージへとダウンロードしてくる事にする。

 

ビルド/インストール/xmindapiディレクトリで実行可能なサンプルを構築するには、「gradlew installDist」を実行します。そのディレクトリから、bin/xmindapiを使用してサンプルを実行できます。

 

とあるので、 gradlewについて調べることにする。

 

Gradle - Wikipedia

GradleApache AntApache Mavenのコンセプトに基づくオープンソースビルド自動化システム

 

 

qiita.com

 

 

 

 早速gradleをダウンロードしてみる

後で考えてみると、入れなくてもよかったんじゃないかと思う。多分。

 

めんどくさい。

gradle.org

 

gradle はGradle | Releases 以下にある。

 

 

Pathを通す

とりあえず何も分からないので、役に立ちそうなソースは端から引っ張ってこなくてはならない。キツい。

qiita.com

 とりあえず環境変数とPathを通しておく。それぐらいだったらまあ出来る(多分)。

 

参考

Windows10にGradleをインストール - Qiita

 

 

>解凍したフォルダを環境変数GRADLE_HOMEにそのパスを設定します。また、GRADLE_HOME/binにパスを通しておきます。

実際は %GRADLE_HOME%\bin ?



 

動作確認

ERROR: JAVA_HOME is not set and no 'java' command could be found in your PATH.

Please set the JAVA_HOME variable in your environment to match the
location of your Java installation.

 

 

Javaのインストールがされていないらしい。

 

 

 

JavaをインストールしてPathを通す

 Javaを落としてきた。

https://www.java.com/ja/download/ie_manual.jsp

 

 

 

動作確認

 

それでもGradleの実行に失敗

JAVA_HOME is set to an invalid directory: C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_281\bin

Please set the JAVA_HOME variable in your environment to match the
location of your Java installation.

f:id:sheephuman:20210313132140p:plain

 

解決方法

qiita.com

 

再度動作確認

なかなかうまくいかないので、コマンドプロンプトで設定してみた。

結果成功。

C:\Users\USER>set JAVA_HOME="C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_281"

C:\Users\USER>gradle -version

Welcome to Gradle 6.8.3!

 

 

 

さっそくXmaindAPIをGradleでビルドしてみる

公式Gitより。

 Run "gradlew installDist" to build a runnable sample in the build/install/xmindapi directory. From that directory you may run the examples using bin/xmindapi

 

 

 

 よく分からないので、とりあえずgradlew.batをコマンドプロンプト上で実行してみる。

 

 

 

 

 

 

なにやらダウンロードしてくる。

 

 

 Exception in thread "main" java.net.ConnectException: Connection timed out: connect

 

と表示された。

どうやら失敗しているらしい。

at java.net.DualStackPlainSocketImpl.connect0(Native Method)
at java.net.DualStackPlainSocketImpl.socketConnect(Unknown Source)
at java.net.AbstractPlainSocketImpl.doConnect(Unknown Source)
at java.net.AbstractPlainSocketImpl.connectToAddress(Unknown Source)
at java.net.AbstractPlainSocketImpl.connect(Unknown Source)

 

説明を読み返してみる。

GitHub - sappling/xmindapi: Samples using the xmind api

How To Build

These samples include a gradle build file and wrapper. Use the provided gradlew file to create a project for your IDE or a command line runner for the samples. You will need to have a Java 8 SDK installed and your JAVA_HOME environment variable set.

Run "gradlew idea" to generate a project for IntelliJ Idea Run "gradlew eclipse" to generate a project for Eclipse.

Run "gradlew installDist" to build a runnable sample in the build/install/xmindapi directory. From that directory you may run the examples using bin/xmindapi.

 

 

 

 

とりあえずIntelliJ Ideaで開くことが出来た。

f:id:sheephuman:20210314085547p:plain

 

 

 

 Runしてみても何も開かない。APIだからだろうか。

f:id:sheephuman:20210314094556p:plain

Deprecated Gradle features were used in this build, making it incompatible with Gradle 7.0.
Use '--warning-mode all' to show the individual deprecation warnings. 

 

このビルドでは非推奨のGradle機能が使用されていたため、Gradle7.0との互換性がありません。

 

 

とあるのは、Gradle 7.0から推奨されないコマンドがあるということらしい。

 

 

itneko.com

 

 

こんなに疲れるとは思いませんでしたわ。

f:id:sheephuman:20210314112548p:plain

 

 

 

 

何処が問題なのか調べてみる

qiita.com

 

 

 

f:id:sheephuman:20210314100445p:plain

 

↓問題があるのはどうもcompileが非推奨になっているためのようである。

dependencies {
compile fileTree(dir: 'lib', include: '**/*.jar')
compile group: 'com.intellij', name: 'annotations', version: '7.0.3'
}

これをImplementationに書き換えてみる。

 

qiita.com

 

 ↓Buildが正常に通った。

f:id:sheephuman:20210314100843p:plain

 

 

あとで気が付いたのだが、コマンドプロンプトgradlew eclipse や

gradlew idea  を実行するとそのIDE上で開けるようにビルドしてくれるらしい。分かる人には分かるのだろうが・・・・・・・・・

 

 

f:id:sheephuman:20210314115914p:plain

 

 

でもIntelliJ Idea上で Buildしたらエラーになった。

「File」 → Project Structureの中身を弄ってたらエラーは治った。

 

f:id:sheephuman:20210314122606p:plain

 

どうやって実行するのかはいまいちよく分からん。

 

Hunter×Hunter フィンクス



 また、Eclipseでの開き方は分かっていない。

 

 

 

Gradlew Installdistしてみる

Gradlewファイルが E:\applicatiom2(安置したフォルダ)\xmindapi-masterにあるので、コマンドプロンプトでXmaind-Maseterがあるフォルダまで移動する。

 

これを実行しているようである。

f:id:sheephuman:20210314111109p:plain

 

Error

f:id:sheephuman:20210314110239p:plain

Could not find tools.jar. Please check that C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_281 contains a valid JDK installation.

とあるので、tools.jarを引っ張ってくる。

 

qiita.com

Java Platform, Standard Edition 8 Reference Implementations  から

Oracle Linux 7.6 x64 Java Development Kit (md5) 167 MB

を落としてくる。

 

あとは参考ページの指示通りに行う。

 

今度はBuildを通せたようである。

f:id:sheephuman:20210314110838p:plain

 

どうなったのか分からん。

実行ファイルのようなものは何も作成されないようである。

 

xmindapi-master.jarが E:\インストールフォルダ\xmindapi-master\build\libs

に作成されたのが確認できたが、クリックしても何も動いてない。

 

 

 

再度説明を読み返してみる

GitHub - sappling/xmindapi: Samples using the xmind api

Run "gradlew installDist" to build a runnable sample in the build/install/xmindapi directory. From that directory you may run the examples using bin/xmindapi.

とあり、見てみると

 

build/install/xmindap直下に以下のファイルが作成されていた。

 

bin以下

xmindapi-master

xmindapi-master.bat

 

 

lib以下

annotations-7.0.3.jar

org.xmind.core_3.6.1.jar

org.xmind.ui.mindmap_3.6.1.jar

xmindapi-master.jar

  

 

f:id:sheephuman:20210314112420p:plain

 

 

どうやって使うのか分かりませんわ.....

 

 

 

とりあえずCmd上で実行してみる

 

f:id:sheephuman:20210314113329p:plain

 

xmindapi-master simpletree を実行すると、同じディレクトリにsimpletree.xmindというXmindファイルが作成される。これはその名の通り、Xmindで開くファイルのようである。

 

 

Xmindで開いてみた(クリックで拡大)

jp.xmind.net

 

f:id:sheephuman:20210314114240p:plain

XmaindAPIで作成したXmindファイル

 

 

 

あとがき

 

 

羊の飼育のように手間がかかった。

つーかなんでこんなに大変なの?僕みたいな初心者を簡単に誘導するように作られてはいないため、かなりの手間がかかってしまった。

 

しかもコレ、実用的に使えんのかねって感じ。 よく分からん。

 

 

とりあえず、初めてGit上のオープンソースなファイルを実行までもっていく事が出来た。