sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたADHD的なひと。

ネットを学校として使う

 

 金がない。放送大学とか行けないし、そもそも興味がない。テキストの管理も出来ないから、高確率で金の無駄だろう。

 

 web検索だけでも、必要な情報はなんとかなる。途方もなく時間がかかるだけである。無駄が多い。

 

 そこで、学校のように大まかな”時間割”を組んで、休日の間にこなすことにした。

 とてもつまらないが。

 

 疑問点を質問しようにも、Yahoo!とか論外って感じだし。有料サービスでも選んだ方がいいかも知れない。ココナラなんてのがある。

 

 最近、誰とも共感出来ないし、誰のを観てもあんま楽しくない。方向性の違いだろう。

 

 

 注意点としては、その間に誰かのツイートやblogを読むとかしてはいけないという点だ。webには誘惑も多い。同様の事をしようとする人が居たら、ちきんと目的意識を持つという事を念頭に置くべきだと助言しておく。

 

 webで学べるのはマウンティングの方法であって、純粋な知識ではない。

行間から相手の快・不快は読めても、それ以上のことなど分からない。

 

 学んだ知識は自分の手で編纂し、blog等に記録しておき、とりあえず評価やアクセス数などは気にしないのがいい。アクセスを気にするのなら、とりあえず読みやすく、分かりやすい形に整えることである。

 

 既存のテキストと違い、自分の好きに要素のレイアウトを変えられるというのが強みではある。