自分のブログ名

sheephumanのブログ

広汎性発達障害と診断されたASD孤立型。

OpenVPNと無償公開VPNサーバーで無料Wifiスポットに安全にアクセスする

 

セブンスポットのような無料Wifiスポットは回線速度も速くお手軽ですが、googleアカウントにログインする際のパスワード入力などが傍受され、流出する危険があります。

 

筑波大学が無償公開しているOpenVPNを使用してVPNサーバーを登録すると、無料Wifiスポットに安全にアクセスできます。

 

 

全ての女性はひつじである。

 

セブンスポットは出張中の自室に固定回線がないから、 やむを得ず使用してます。

セブンスポットTwitter アカウントでアクセスしてますが、メール登録必須だったと思う。

 

 

 

 

つくば大学による無償公開VPN

www.vpngate.net

 

 個人が政府の検閲回避を目的として貸し出しているようなので、必ずしもセキュリティリスクを排除できるわけではないです(貸し出し側が悪意を持っている場合)。

 

 セブンスポットは手軽ですが、オープンすぎるのでやはりVPNは必要でしょう。WireShark平文の認証情報を盗むことができるようです。 https接続がスタンダードになってますが、アドレスバーを確認しましょう。たまに古いページや悪意のあるページ、保守が不十分なサーバのWebページで入力した認証情報が流出する危険があります。

 

 

FireFox上のアドレスバー はてなブログ

f:id:sheephuman:20210703192207p:plain

 

 

 

 

平文(暗号化されていない)認証情報は簡単に傍受して利用されてしまいます。

 

www.youtube.com

 

 このOpenVPNを使った接続方法を覚書として残します。簡単ですが。

 

VPNを選択する

 「接続」をクリック。

f:id:sheephuman:20210703181038p:plain

 

 

 

 

接続が成功すると、IPアドレスはそのVPNサーバーのものが割り当てられます(本来のIPアドレスは隠蔽される)。 

f:id:sheephuman:20210703181116p:plain

割り当てられたIPアドレス

 

 

接続に成功するとタスクバーのアイコンが緑色になります

 

f:id:sheephuman:20210703181418p:plain

 

インストール後に起動させた直後は未接続の状態であるため、以下のアイコンとなっています。

 

f:id:sheephuman:20210703181700p:plain

 

 

 

 

 

 

無償公開のVPNサーバーをOpenVPNに登録する

VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェク

  からVPN鯖を選択します。登録などは一切不要で使用できます。

 

 

 

 

  接続方法が幾つか用意されていますが、OpenVPN設定ファイルをダウンロードする方法が一番簡単。

 

無償公開VPNサーバー

 

 

 どちらでもいいと思われますが、IPアドレスが埋め込まれている.ovpnファイルをダウンロードするのが一番確実なようです。

 

 アイコン右クリック → Import file... を選択

 

 

f:id:sheephuman:20210703191518p:plain



 

 

ダウンロードしたopvnファイル選択後

 

 

ファイルリストに、インポートしたopvnファイルのIPアドレスが表示される。

 

 

 

「接続」すれば一応、セキュアな状態になります。

f:id:sheephuman:20210703181418p:plain

 

 

VPN接続すると回線速度は遅くなる

 どれぐらい遅くなるかは、接続先のVPNサーバーに依存します。一つ接続先を挟んで目的のURLにアクセスするので、基本的に遅くなると考えていいです。

 

 

 

 

あとがき

 WireSharkで接続が暗号化されているかどうかなどを、余力があれば検証してみるかもしれない。たぶんめんどくさいからしないと思うけど。

 

 月300MBまで無料とかその手のけち臭いVPNサービスなんかもありますし、T'o'rr'%en't使うような輩は有料VPNサービスに加入してたりするらしい